top of page

【て組】授業風景 1月11日

講師の山本です。担当はひとみ先生でしたが、新学期初日ということもあり、私もサポートに入りました。久々に元気な子どもたちに会えて、とっても嬉しかったです。そして間近でひとみ先生の授業が見られるのは、自分にもいい勉強になりました。建物の方でダブルブッキングがあり、いつもよりも広い教室が使えて新年早々、ちょっとラッキーでした。


ウォーミングアップは「や・ゆ・よ・わ・ん」の5文字のカードのかくれんぼ。教室の中を歩き回って、みんなでカードを探していました。すごく楽しかったようで、授業が終わる前に「もう一回、ひらがなのかくれんぼしたい!」と言う子もいたほどでした。


そして、新年明けて1回目ということで、書初めに挑戦です。さすがひとみ先生だなあと思ったのは、どうして書初めをするのか、歴史までわかりやすく説明していたところです。知識の引き出しの多さもそうですが、それを子ども達に理解しやすい表現にして、聞きたくなるような口調で話すというのは、やはりベテランだからこその技です。 「水習字」だったので、「手が汚れないね!すごいねえ〜」なんて話しながら書いていました。しっかりした筆使いで、かっこいい字が書けていて素晴らしかったです。


みんなとってもかっこよく書けていました。

グーチョキパーの手遊びも「お正月バージョン」でした。グーとグーで「鏡餅」、パーとパーで「初詣」など、私は初めて聞いたので、なるほど〜と思いながら、子ども達と一緒にワクワクしながら参加させてもらいました。

皆様、本年もどうぞよろしくお願いします。




関連記事

すべて表示
bottom of page